目指せマイナス5キロ

無理して体重を落とすのは禁物。健康的に痩せましょう。

流行のプチ断食

自己流ファスティングは危険?注意事項

投稿日:2012年8月2日 更新日:

1日3食食べるのは、決して悪いことではありませんが、時々は内臓を休ませてあげることも、健康を維持していく上では大切なことです。
内臓の疲れを取り去り、体内の毒素や老廃物を排出することで、内臓や血液を綺麗にし、免疫力を高めたり、ダイエット効果も得ることができるのがファスティング(断食)です。

ところが、自己流でファスティングしてしまうと、危険がともなってしまうこともあります。
なので、ファスティングをする時はたとえ短期間であっても、方法をきちんと調べてから行うようにして下さい。

長期間の断食では、エネルギーの供給に筋肉中のたんぱく質が使われてしまうため、筋肉が減ってしまいます。
筋肉を減らさないためにも、2日以上の本断食は安易に行わないようにしましょう。

それと、ファスティング後に回復食を食べるのですが、ファスティングを終えた安心感から、手順を省いていきなりどか食いしてしまっては、せっかく休めた内臓に急激に負荷をかけてしまい、かえって内臓に負担がかかってしまいます。
必ず、決められた手順通り、回復食から徐々に食べるようにして下さいね。

気を付けるポイント

回復食意外の注意点としては、「体調不良の時に無理して行わない」「激しい運動は控える」「持病のある人はやらない」などがあります。
いきなり長期間行うようなことは避け、酵素ドリンクなどでちゃんと栄養をとりながら行うようにしましょう。

-流行のプチ断食

関連記事

no image

ファスティングジュースを作るときの注意点

ファスティングとは簡単に言うと絶食のことですが、全く何も口にしない、もしくは水だけを飲む、という状態ではストレスがたまるだけでなく、必要な栄養素が欠乏して体調を崩す可能性も。 そんな時におすすめなのが …

no image

ファスティング後の復食のコツと食事内容

ファスティングは2日間程度の短期間でも、絶食状態になることにはかわりないので、胃腸をゆっくりと慣らしていく必要があります。その過程を復食といいますが、これを怠ると、体調を崩してしまったり、過食へつなが …

no image

手作りで出来るプチ断食用野菜ジュースの作り方

ダイエットブームに乗ってタレント・モデル・アスリートなどの間でも流行し、今や一般人にも根強い人気の断食ダイエット。 二泊三日程度のダイエットコースを用意した泊りがけでのプチ断食までありますね。

no image

自宅でプチ断食するときの正しい方法について

ファスティングは、普段酷使している内臓を休め、身体の老廃物を外に出す効果が期待できるダイエット法です。 自宅でも手軽に行えるのが魅力なファスティングですが、ただ何も口にしなてはいけない訳ではありません …

no image

ファスティングでなぜ肌荒れが治るのか?

ファスティングは短期間で減量を達成できるだけでなく、美肌になることで知られています。どうして肌荒れが治るのでしょうか。

記事グループ

ダイエットの体験談は、個人の感想です。誰でも同じ結果になるわけではありません。 食生活の改善と、適度な運動が大切です。