目指せマイナス5キロ

無理して体重を落とすのは禁物。健康的に痩せましょう。

ダイエットに挑戦した話

産後太りで一念発起。晩御飯でお米を食べないダイエット

投稿日:2017年1月3日 更新日:

ごはんを食べない
私は現在35歳になる主婦です。
子どもの妊娠、出産で元の体重から10キロ太ってしまいました。
45キロから55キロまで増えていました。

元々太りやすいわけではありませんでしたが妊娠中の食欲に勝てず…。
そして出産してからも母乳育児でお腹が空いてどうしても3食以外の間食をしてしまい、なかなか元の体重には戻りませんでした。

ある時、久々に会った先輩ママの体型を見てショックを受けました。三人お子さんがいるのにほっそりしていてメイクもちゃんとしていて小綺麗なんです。
自分のだらしない体型と適当なメイクに悲しくなりました。

そこで、一念発起し晩御飯でおかずだけを少量食べて、ご飯を食べないというダイエットをすることにしました。
一食置き換えのダイエットなどはお金もかかるし、すぐに飽きそうで自分には向いていないと思っていたので簡単に長く続けられるようなものにしました。

朝食と昼食は普通にご飯やパンを食べてOK

間食は勿論禁止。晩御飯ではおかずだけ少な目に食べて、ご飯を食べないと決めて実践しました。

一歳には子どもが卒乳したのでその時期から開始しました。
家族の晩御飯とメニューを変えたりしているわけではないので簡単で手軽にできるので自分の強い意思さえあれば長期的に続けられるのがメリットです。

初日、おかずのみの晩御飯では満足できず寝る頃にはお腹が空いて辛かったです。
でも一週間くらい我慢すると体が慣れてきて晩御飯を少なくしても平気になりました。

55キロから48キロへ

食べる量を減らすので、最初の二ヶ月くらいはどんどん痩せました。
この時で55キロあった体重は50キロを切るくらいにはなっていました。

でもそこからが全然痩せませんでした。俗にいう停滞期に入ってしまったのかなと思いました。
食べ物を減らしてのダイエットには限界があるんだなと感じました。

たぶん、適度な運動を取り入れて続けていけばもっと痩せたかなと思うのですが、私はここでギブアップしてしまいました。
この時点で体重は48キロでした。

とにかく耐える、我慢するのがポイント

晩御飯のご飯を食べず、おかずを少量食べるというダイエット法は食べる量が増えすぎて太ってしまった人にはある程度効果があると思います。
少なくとも産後太りの私には効きました。
停滞期を乗り越えて適度に運動ができる人はもっと痩せられると思います。

続けるコツとしては夜にお腹が減っても絶対に食べない事。基本ですけど大事です。
どうしても耐えられないときは白湯を飲んだりして乗りきってました。あと、朝食は普通に食べられるので早寝早起きになりましたよ。

一石二鳥で健康にもなったかなと思います。
朝食や昼食はできるだけバランスよく食べるといいですね。朝はお腹が空いて起きるので自然としっかりした朝食を作るようになりました。

実は今もまた二人目の出産で太りぎみです。48キロから今度は52キロになってます。
授乳育児終了後にまた挑戦しようかなと思っています。

-ダイエットに挑戦した話

関連記事

no image

暑い日々のプロテインダイエットは効果があります。(40代女性)

一昨年、超暑い夏と称されたあの猛暑・酷暑の頃に、私は某社のプロテインダイエットと言うドリンク系ダイエット食品で、集中ダイエットを敢行していました。

no image

デトックススープで置き換え食ダイエット(30代女性)

私のダイエット方法はいくつかあります。 例えば、1ヶ月か2ヶ月後には痩せていたいというふうに期限がある場合は、1日のうちの1食か2食を置き換えダイエットにしたりします。

コーラ

炭酸飲料をやめたら痩せて肌もつるつるに。(30代女性)

私は自分では気づかなかったのですが、友だちから「甘いもの飲み過ぎだよ」と言われてしまいました。 甘いといても別にそれほど甘いわけではなくて、スポーツドリンクとか乳酸菌の入ったものや、ミルクティーのよう …

no image

グローバルダイエットで一食置き換え(30代女性)

グローバルダイエットで一食置き換えに挑戦しました。 私がやったのはスリムパックのドリンクタイプのもので、3食のうちの1食に置き換えるというものです。

no image

過去の失敗ダイエット:トマトスープ(40代女性)

私はとにかく食べることが大好きで、人の軽く3倍近く食べるのです。 お腹がいっぱいになった後、さらにお腹どころか背中までいっぱいになる程に詰め込みます。

記事グループ

ダイエットの体験談は、個人の感想です。誰でも同じ結果になるわけではありません。 食生活の改善と、適度な運動が大切です。