目指せマイナス5キロ

無理して体重を落とすのは禁物。健康的に痩せましょう。

ダイエット雑談

何とかしたい下腹ぽっこり。

投稿日:2012年7月27日 更新日:

物心ついた時から私のお腹はぽっこりと膨らんでいます。それはもう、妊娠中も、前も後も変わらないくらいなのです。
でも、腹筋が大の苦手で、いわゆる普通の腹筋は1回も出来ません。よく笑われます。

モデルさんならまだしも、一般の女性でもお腹はまっすぐだというのに、私の人生の中の何がいけなくてぽっこりお腹になったのか、いまだに解明できません。
でも、運動が嫌いなわけではないし、同じ年代の女性に比べたら、運動神経もいい方だと思うのです。
胸が大きいのでいつも胸を張るように姿勢を心がけてきましたが、それがどうも、お腹まで突き出していたのかもしれません。
とにかく足の筋力などはあるので、足あげ腹筋をすることにしました。回数を決めてやるのは気分が沈むので、両足をそろえて足で大きく「あ」から「ん」までを宙に書くようにしています。
休み休みですが、少しづつ効果が出てきました。これからもがんばってみます。

あと、調べてみたら内臓が下がってしまっている可能性がありそうです。
腸下垂の原因としては、過度のダイエットなどもあるので気を付けたいですね。

※管理人より
下腹がぽっこりしてしまう一番の原因は、加齢によって皮下脂肪や内臓脂肪がおなかに蓄積されることです。
この場合は、他の部位にも脂肪が増えたり、筋肉がたるんだり、体重が増えたりしているでしょう。

他には、腸の中にガスが溜まったり、便秘などが原因のこともあります。
場合によっては、大腸癌などの大きな病気が隠れている可能性もあるので、健康診断に長いこと行ってない人は、人間ドックにたまには行くといいでしょう。

主婦の方でも、毎年の健康診断、数年に一度の人間ドックをおすすめします。

-ダイエット雑談

関連記事

no image

ホットヨガでダイエット

昔から興味があったヨガ。 ホットヨガは蒸し暑くて具合が悪くなると耳にすることは多々あったのですが、冷え性の私には代謝が上がりそうな予感がしたので、ホットヨガの一日体験に参加。

no image

太らないように便秘に気を付ける

便秘になると、いつまでもお腹の中に溜まっていますよね。 単純に、便自体の重さで体重計の数字も増えるというのもあります。 普通なら排出される余計な糖や脂質などが吸収される可能性があります。

no image

やりすぎは禁物。時には自分に甘く、気持ちを楽にダイエット

わたしの以前のダイエットの仕方は、「食べない」「運動を疲れるまでする」などといった、ムチャなものでした。 完璧主義の性格のおかげで、なにをやるにもとことんやらなければ気が済まず、自分の限界や能力を超え …

no image

レコーディングダイエット、その効果は?

ひょんなことから、転勤して来たばかりの職場の上司の1年前の写真を見てびっくり、今よりかなりボッチャリしていたのです。

no image

女性ふたりで、ロングブレスvsコアリズム?

この間、私の職場で和気あいあいとした論争がありました。 お題は、ロングブレス対コアリズムです。

記事グループ

ダイエットの体験談は、個人の感想です。誰でも同じ結果になるわけではありません。 食生活の改善と、適度な運動が大切です。