目指せマイナス5キロ

無理して体重を落とすのは禁物。健康的に痩せましょう。

ダイエットに挑戦した話

ジンジャーティーでぽかぽか代謝を高めるダイエット

投稿日:2016年12月15日 更新日:

ジンジャーティー
上の子のが小学校に入学する直前の3月、子供の入学準備は万端になりました。
ふと気が付くと、自分の準備ができていません。入学式に着ていくスーツを選ぶために、この子のお宮参りにの時に着たたスーツを着てみたところ、なんと、スカートのホックがしまりませんでした。

思えば「子育てには動きやすいのが一番。」と、普段はウエストゴム・ジャージ素材の服ばかり、こんなに太っているなんて思ってもみませんでした。
かと言って、たった一日の入学式のために、高いスーツを買うのはもったいないですよね。そこで一念発起して、ダイエットを始めました。

基本は、朝食を生姜入りの紅茶にするだけ

私が取り組んだのは、ジンジャーティーダイエットです。
紅茶にすりおろした生姜を入れて、代謝を高めるという、とっても簡単なダイエット方法です。

当時、まだ下の子が小さかったため、スポーツジムに通ったり、ウォーキングをしたりする時間は、なかなか取れませんでした。それどころか、自分のことに気をつかっている余裕なんかありません。
そこで、ちょこっと前に、『自宅で手軽に始められるダイエット』として雑誌に載っていたこの方法を思い出し、「これならできるかも!」と試してみました。

このダイエットは、朝食を黒糖かはちみつをいれたジンジャーティーのみにし、あとは、お茶替わりにジンジャーティーを飲むという簡単なものでした。

しょうがは、チューブ入りのおろししょうがでもOKです。
ただし、紅茶に入れるのは、砂糖ではなく、太りにくいといわれているはちみつや黒糖でなくてはいけません。
普段から家にあるようなものでできるので、特に費用はかかりませんでした。お手軽に始められますよ。

ジンジャーティーの味は、しょうがの風味がピリッときいていて結構おいしかったです。
チューブ入りのしょうがの方がお手軽なのですが、やはりおろしたての生のしょうがの方が美味です。

2キロ減りましたが、目標達成ならず

ダイエットの効果はというと、ジンジャーティーを飲んだ後は、体がポカポカしてきて、確かに代謝が良くなったような気がします。
そのためか、日ごろ便秘がちだった私も、毎朝ちゃんとお通じがあるようになりました。結果体重は2キログラムほど減りました。

ただ、この方法は部分やせには、あまり効果がありませんでした。したがって、ダイエットを決意したあの目標「お宮参りにの時に来たスーツを入学式に着ると」いう目標は、とうとう達成できませんでした。

また、朝食に、ごはんやパンなどしっかりお腹にたまるものを食べていないせいか、11時ごろになるとお腹がすいて気持ちが悪くなることがたびたびありました。なので、それ以来、朝ごはんを抜くことは止めました。

この方法は、簡単・お手軽で、面倒くさがり屋の私でも長く続けることができます。特に、ジンジャーティーのを飲むと体もポカポカ温まるので、冬にはお勧めです。
ただし、即効性はないので、私のように、「一カ月でウエストを細くしよう」なんて成果だそうという方には、お勧めできません。

-ダイエットに挑戦した話

関連記事

バランスボール

バランスボールでダイエット(20代女性)

体重を減らして、プロポーション維持の為にとバランスボールを購入しました。 サイズ展開があるので、自分の身長に合わせたものを購入。

no image

カーヴィーダンスで楽しくくびれる!(30代女性)

一時期、雑誌やテレビでもよく取り上げられていた「カーヴィーダンス」。 聞いたことある、という方は多いはず。 芸能人やアスリートにも支持されているというトレーナーの樫木裕実さんが編み出したエクササイズで …

no image

昼と夜だけ絶食。朝食だけ食べる断食ダイエット(30代男性)

太るのは簡単だけど、痩せるのは難しいって言いますけど、私はそうは思いません。 痩せる原因って何がありますか?運動するとか、病気になるとか、精神が病んで拒食症になるとか、とにかく痩せる原因もしくは方法っ …

no image

暑い日々のプロテインダイエットは効果があります。(40代女性)

一昨年、超暑い夏と称されたあの猛暑・酷暑の頃に、私は某社のプロテインダイエットと言うドリンク系ダイエット食品で、集中ダイエットを敢行していました。

no image

甘いものを我慢するダイエットに失敗(20代女性)

いくら食べても太らないという人がいますが、私は逆で太りやすい体質です。 それなのに大の甘党でスイーツ大好きなのでなかなか痩せられません。

記事グループ

ダイエットの体験談は、個人の感想です。誰でも同じ結果になるわけではありません。 食生活の改善と、適度な運動が大切です。